もし自転車事故にあったら?【被害者】

まさか自腹?自転車に乗ってる時に当て逃げされたら保険金はおりる?

先日起きた元モーニング娘。吉澤ひとみ容疑者の事故のニュースが連日放映されていますよね。

 

もし自分が自転車に乗っているときに車にひき逃げされてしまったら…治療費とかって自腹なんでしょうか!?

 

気になって調べてみたら、よかった!!3つの補償が受けられるみたいです^^

 

何がいくらもらえるのか?請求方法など詳細をまとめました。

スポンサーリンク

自転車に乗ってるときに車に当て逃げされたら保険金はおりるの?

ふつう自転車と車の事故で、相手の車がわかっている場合は、当然相手の自動車保険から自分の治療費などが保証されるはずよね?

 

でも、もし万が一相手に逃げられてしまったら相手の自動車保険からの保険金はもらえない・・・

 

 

そんなときは泣き寝入り・・・??

と思ったんですが、泣き寝入りはしなくてよさそうです!!

 

当て逃げされてしまった時の補償は次の3つパターンに分かれていました。

 

自分が何も保険に入っていない場合

自分が何も保険に入っていない場合は「政府保障事業」というもので、保障金が出るそうです。

 

もらえる金額は

 

  • 治療費や慰謝料など 120万円
  • 死亡 3,000万円
  • 後遺障害 4000万円

 

となっていて、この金額は自動車の自賠責保険と一緒なんだとか。

 

ちなみに上の金額はどれも「上限金額」なので、自分(=被害者)の職業とか年齢によって異なるそうです。

 

みんなが一律この金額をもらえるわけではないんですね・・・

自分が傷害保険に入っている場合

被害者である自分がケガを補償する「傷害保険」に入っていた場合は、加入している保険会社に連絡すれば自分の保険から保険金を受け取れます。

 

言ってみればそのための保険ですものね^^;

 

最近「義務化」が始まっている「自転車保険」でも、自分が自転車に乗っている時のケガの保障がついているので、きちんと保証されるようです。

 

自分が自動車保険に入っている場合

実は自分自身が入っている自動車保険でも、自分が自転車に乗っている時のケガが保証される場合があるそうです。

 

「え?自動車保険についてる補償なんだから、自分が車に乗ってるときじゃないと保証されないんじゃないの?」

 

と思ったんですが、実はそうじゃないみたいです!

 

支払われる補償は【人身傷害保険または無保険車傷害特約から】となっているそうです。

 

(またわからない単語が出てきた…(*_*))

 

人身傷害保険って何?

私は自動車保険に入っていないので、人身傷害保険とは?というところから調べてみました。

 

人身傷害保険とは対人・対物保険と異なり、「自分がケガをしたときの補償」だそうです。

※対人対物は第三者に対しての保険。

 

人身傷害保険は

 

  • 歩いている時の交通事故
  • 自転車やバスなどに乗っている時の事故

 

も一緒に補償していることがほとんどなんですって!

 

「ほとんど」というのは入っている補償内容によっては本当に「自分が車に乗っているときしか保証されない」という場合もあるみたいなので、そこは保険会社に確認する必要がありそうです。

 

※ちなみにこの保険会社のホームページを参考にしました。→ 参考

 

無保険車傷害特約って何?

次は・・・「むほけんしゃ しょうがいとくやく」と読むそうです。

(保険の名前って小難しいですね・・・)

 

無保険車=保険に入っていない車、という意味ですが、ひき逃げされてしまったりして、相手が確認できないときにも使えるそうです。

 

相手の車が自動車保険に入っているかどうかすら確認できなくても使えるなんて便利!

 

・・・っと思ったのですが、実はこの保険で使えるのって自分が死んでしまったり重い障害を負ってしまったときだけなんですって・・・(*_*)

 

入院や通院だけのときは使えないんだ・・ガッカリ。

スポンサーリンク

保険金請求をするときに必要な書類

轢き逃げにあってしまっても補償してくれる制度はいくつかありますが、保障金や保険金の請求をするには必要書類等の準備も必要ですよね。

 

まず、政府保障事業制度の請求の時に必要な書類をまとめてみました。

 

政府保障事業の請求に必要な書類

 

 

書類名 作成者
(発行者)
請求区分
傷害 後遺障害 死亡
政府保障事業への損害のてん補請求書 請求者
請求者本人の印鑑登録証明書 市区町村
交通事故証明書 自動車安全運転センター
事故発生状況報告書 事故の当事者等
診断書 病院
後遺障害診断書 病院
死体検案書又は死亡診断書 病院
診療報酬明細書 病院
通院交通費明細書 請求者
健康保険等の被保険者証(写し) 請求者
戸籍(除籍)謄本 市区町村
休業損害証明書(給与所得者の場合) 雇用主
その他損害を立証する書類、領収書等
振込依頼書 請求者

※参考:政府保障事業

 

保険会社に保険金請求する際の必要書類

各保険会社によって異なりますが、大抵の場合は

 

  • 治療費の領収証
  • お医者さんの診断書
  • 交通事故証明書
  • 示談書
  • 休業損害の証明書
  • 除籍謄本(死亡の場合)

 

などが必要になるそうです。

 

>>各書類の取得方法は別記事でまとめますね。

 

自転車に乗ってる時に車に当て逃げされたら保険金はおりるのか まとめ

当て逃げやひき逃げをされてしまった場合は、

 

  • 政府保障事業
  • 自分の傷害保険
  • 自分の自動車保険(人身傷害保険または無保険車傷害特約)

 

以上の3つの請求先があるそうです。

 

事故はないのが一番ですが、いつ何が起きるかわからないので、、ブログにして覚えておこうと思います(>_<)

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前  (必須)

メールアドレス (公開されません) (必須)

URL (空白でもOKです)

コメント

トラックバックURL: 
記事を書いている人

~ゆうこ~

実体は3歳児の保育園に通う息子がいる30代のママ。

チャリンコが好きすぎて通勤20kmの道のりを1000日以上走り続けました。

でも乗っているのはもっぱらママチャリ

マウンテンバイクは足が届きません。

1年中自転車にまたがりながら暮らすのが夢☆

↓調べたい文字を入力してね
よく読まれてる記事はこれだー!
ツイッターやってるよー!

フォローはお気軽に♪
無言フォローも歓迎します(*^^*)
↓↓

最近投稿した記事はこれだー!
カテゴリー
メタ情報
プライバシーポリシー