自転車保険をもっと知りたい!【応用】

auの自転車保険のデメリットを大暴露!知っておかないと後悔するマイナスポイント

  1. 優子ママ
    auの自転車保険「Bycle(バイクル)」ってネットで見てるとすっごく人気があるみたいだけど・・・

みんなただ人気があるからという理由だけで入ってはいないのかしら??

ちゃ~んとデメリットも知っておかないと、あとで後悔するかも・・・

 

私が個人的に「これ知っておかないとヤバイんじゃ?」ということについて調べたことをまとめてみたいと思います。

スポンサーリンク

auの自転車保険のデメリット

au自転車保険の補償内容をまとめてみるとこんな感じ。

補償内容等 ブロンズコース シルバーコース
ゴールドコース
死亡・後遺障害 250万円
500万円
400万円
800万円
400万円
800万円
ヘルメット着用中死亡 100万円 100万円 100万円
入院一時金 (3日以上の入院で) 2万円
4万円
5万円
10万円
入院保険金日額 (入院1日につき) 4,000円
8,000円
6,000円
12,000円
6,000円
12,000円
手術保険金 (手術により) 2万円または4万円
4万円または8万円
3万円または6万円
6万円または12万円
3万円または6万円
6万円または12万円
通院保険金日額 (通院1日につき) 1,000円
2,000円
2,000円
4,000円
個人賠償責任 (自己負担額なし) 2億円 3億円 3億円
示談代行サービス 賠償事故解決特約
法律相談費用 5万円
弁護士費用等 300万円
付帯サービス
自転車ロードサービス すべてのコースにプレミアムのロードサービスがセットされます。
(50km・年間4回まで無料搬送)
月払(本人タイプ) 360円 600円 1,110円
一時払(本人タイプ) 3,920円 6,560円 11,940円

ここから何かデメリットがないか探してみます。

通院補償をつけると保険料が高い

auの自転車保険のホームページを見ると、まず「月々360円~」という文字が目について「安っ!!!」と感じるんですけど、この保険料の保障って通院補償がついていないんですって。

 

私が過去に調べた中で、自転車保険についている自分がケガをしたときの補償って

  • 死亡・後遺障害
  • 入院
  • 手術
  • 通院

 

以上4つが基本補償なんですけど、一番使う可能性が高いのって「通院」補償だと思うんです。

 

自転車保険で通院補償、必要ですよね・・・?

 

私は必要だと思います。

 

保険はお守り、使わないのが一番いいなんて言葉もありますがたしかに事故は起こさないのが一番ですよね。

ただ私、「使えない保険は入っている意味ない」と思うんですよ。

 

自分がもし万が一ケガをしたら「せっかく保険入っているし…」と保険使いたくなると思います。

 

でもたとえばこんなことがあったらどうでしょう?

 

ケガした!通院した!治療費どうしよう!

あ、保険に入ってた!ラッキー♪自腹切らなくていいじゃん、保険金請求しよう!

請求したのに「通院補償ついてないので対象外です」と言われた!

 

ってなったら、

 

 

なんだよ、今まで無駄金払ってたのかよーヾ(#`□´)ノ

 

って思うと思います。

 

auの自転車保険で通院がついているプランにしようとすると一番安くて月600円です。

年間6560円です。

 

月360円なら安い気がしますが、ちょっとお高い印象になってしまいます。

通院補償がついている自転車保険で安いところ

「やっぱり通院補償ついていたほうが安心(´・ω・`)・・・

 

ということで、他の保険会社で通院保証付きでやすい自転車保険があるか探してみました。

 

三越や伊勢丹のカードを発行している「エムアイカード」というところで東京海上日動の自転車保険を販売していました。

 

その補償内容を見てみると全てのコースに通院補償がついています。

Aコース Bコース Cコース
死亡・後遺障害 100万円 300万円 500万円
入院保険金 1,500円 3,000円 5,000円
手術保険金 入院中 入院保険金日額×10倍
入院中以外 入院保険金日額×5倍
通院保険金 1,000円 2,000円 3,000円
賠償責任 無制限 無制限 無制限
年間保険料(本人型) 3,750円 6,470円 9,320円

 

auの通院保証付きプランと保険料を比べてみると・・・

 

補償内容等 au シルバーコース エムアイカード Bコース
死亡・後遺障害 800万円 300万円
ヘルメット着用中死亡※1 100万円 なし
入院一時金 (3日以上の入院で) 4万円 なし
入院保険金日額 (入院1日につき) 12,000円 3,000円
手術保険金 (手術により) 6万円または12万円 1万5000円または3万円
通院保険金日額 (通院1日につき) 2,000円 2,000円
個人賠償責任 (自己負担額なし) 3億円 無制限
示談代行サービス 賠償事故解決特約 あり
自転車ロードサービス なし
年間保険料 6,560円 6,470円(▲90円)

 

通院保険金は2000円のコースで比較。auの補償内容は自転車事故の場合の補償で比較すると、エムアイカードは個人賠償が無制限の補償なのに年間保険料がauより安くなっています!

スポンサーリンク

 

無制限補償なのでいくら高額な賠償金が必要になっても安心ですね♪

 

入院保障だけで良かったら他にも安い保険がある

じゃあ通院補償はいらなーい\(^o^)/

 

という場合もあると思うんですけど、その場合も他の保険でイイ気がします。

 

たとえば私が調べた中だと「三井住友海上」という保険会社に@さいくるというネットで入れる保険があります。

 

2社の似ている補償同士を比べるとこんな感じ。

三井住友 Cコース
au ブロンズコース
死亡・後遺障害 290万円 250万円
500万円
ヘルメット着用中死亡 100万円
入院保険金日額 (入院1日につき) 4,000円 4,000円
8,000円
手術保険金 (手術により) 入院中4万円
入院中以外2万円
2万円または4万円
4万円または8万円
通院保険金日額 (通院1日につき) なし なし
個人賠償責任 (自己負担額なし) 3億円 2億円
示談代行サービス 賠償事故解決特約 あり あり
年間保険料 3990円 3,920円

 

三井住友のほうが年間70円保険料が高いんですが、個人賠償の補償が3億円限度になっていて手厚いです。

(auは2億円)

事故は何が起こるかわからないし、複数の人を巻き込む事故にもなりかねないので、数十円の保険料の違いだったら他人への補償は厚くしておいたほうがいいんじゃないかなーと思います。

 

【関連記事】

ただ・・・・

 

au自転車保険はメリットのほうが多い

auの自転車保険のあら捜しデメリットを探してみたんですが、いろいろ調べていると総合的には

 

auの自転車保険いいやんけ♪♪

 

という印象でした^^;

 

さっき比べてみた通院付きの補償を見てみても

補償内容等 au シルバーコース エムアイカード Bコース
死亡・後遺障害 800万円 300万円
ヘルメット着用中死亡※1 100万円 なし
入院一時金 (3日以上の入院で) 4万円 なし
入院保険金日額 (入院1日につき) 12,000円 3,000円
手術保険金 (手術により) 6万円または12万円 1万5000円または3万円
通院保険金日額 (通院1日につき) 2,000円 2,000円
個人賠償責任 (自己負担額なし) 3億円 無制限
示談代行サービス 賠償事故解決特約 あり
自転車ロードサービス なし
年間保険料 6,560円 6,470円

 

赤色を付けた部分が補償の手厚いほうなんですが、auのほうが圧倒的に補償が手厚いです!

 

auのメリットをまとめてみるとこんな感じ。

自転車事故の場合はケガの補償が2倍

au損保の自転車保険は他社の自転車保険と同じく「交通事故による自分のケガを補償する保険」になっているので、電車やバスなどに乗っていてケガをしたり、歩いている時に自動車にはねられたりした場合も補償されますが、自転車事故だった場合はもらえる補償が2倍になるんです!!

 

なので、さっきのシルバーコースを見てみると

 

補償内容等 シルバーコース
死亡・後遺障害 400万円
800万円
ヘルメット着用中死亡 100万円
入院一時金 (3日以上の入院で) 2万円
4万円
入院保険金日額 (入院1日につき) 6,000円
12,000円
手術保険金 (手術により) 3万円または6万円
6万円または12万円
通院保険金日額 (通院1日につき) 1,000円
2,000円
個人賠償責任 (自己負担額なし) 3億円

 

赤い部分が自転車事故の場合の補償なのですが2倍の補償って大きいですね~!

自転車事故で入院したら1日1万2000円ももらえてしまいます。個室だって借りられてしまいそうですよね^^;

海外での賠償責任事故でも保険金額が変わらない

賠償責任保険の保険金額は、いくら3億円ついていても無制限補償がついていても、他の保険会社では「海外の事故に限り1億円が上限」となっている場合が多いのですが、auの場合は海外での事故ももらえる保険金の上限が変わりません!

海外旅行とかに行く人にとってはめちゃくちゃ安心です♪

ヘルメットをつけていて死亡事故になると100万円上乗せ

auの特徴的な補償としてSGマークなどの安全基準を満たしたヘルメットをつけて自転車を運転していて、事故で死亡してしまった場合、上乗せで100万円がもらえることになっています。

 

ただし、次の場合はヘルメットをつけていても保険金がもらえません。

  • 安全基準を満たしていないヘルメット
  • あご紐をつけていないなど、ヘルメットの役目を果たしていない場合
  • 自転車や乗り物用のヘルメットを付けていない場合
  • 競技中や競技の練習のために自転車を運転していた場合
  • ブレーキのない自転車など危険な自転車に乗っていた場合

ロードサービスがついている

  • 運転している時にチェーンが外れてしまった
  • タイヤがパンクして走れなくなってしまった

などのときに自分が希望する場所まで自転車を運んでくれるサービスです。

50kmまでの距離なら運んでくれるので旅行中遠出してしまった場合でも使えるようになっていますし、年間4回も利用することができます。

万が一の時についてると安心^^

入院一時金が出る

普通自転車保険の入院保障と言うと「1日いくら」と入院日数に応じて保険金がもらえるようになっていますが、auの場合は3日以上入院すると2万円~10万円の一時金が上乗せされてもらえます。

(貰える金額はプランによる)

弁護士費用が付けられる

保険料は高いですが、一番上のゴールドコースに入ると相手ともめて「弁護士を雇いたい!」といったときの費用が補償されるようになります。

また実際に弁護士さんを利用しなくても法律相談をした場合、5万円まで補償してくれるという「法律相談費用補償特約」もついています。

au自転車保険のデメリットまとめ

auの自転車保険のデメリットをまとめてみたかったんですが、あえていうと

 

  • 通院補償をつけたかったら月600円かかるのでauのトップページに書いてある保険料「360円」を鵜呑みにしてはいけない

 

というくらいでした^^;

 

逆にメリットとしては

 

  • 自転車事故の場合はケガの補償が2倍
  • 海外での賠償責任事故でも保険金額が変わらない
  • ヘルメットをつけていて死亡事故になると100万円上乗せ
  • ロードサービスがついている
  • 入院一時金が出る
  • 弁護士費用が付けられる

 

とこんなにたくさん!!
保険料もめちゃくちゃ高いわけではないので、総合的にauの自転車保険は良い保障と言えそうです^^

 

自転車保険は「自分や家族がケガをしたときの補償もついている保険」です。

もし他人への賠償だけがほしい、という場合は自転車保険に入るよりも「個人賠償責任保険」に単独で入ったほうが保険料が安いので(年間2000円くらい)、そっちを検討しましょうね。実はすでに加入しているかも・・・

 

【関連記事】

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前  (必須)

メールアドレス (公開されません) (必須)

URL (空白でもOKです)

コメント

トラックバックURL: 
記事を書いている人

~ゆうこ~

実体は3歳児の保育園に通う息子がいる30代のママ。

チャリンコが好きすぎて通勤20kmの道のりを1000日以上走り続けました。

でも乗っているのはもっぱらママチャリ

マウンテンバイクは足が届きません。

1年中自転車にまたがりながら暮らすのが夢☆

↓調べたい文字を入力してね
よく読まれてる記事はこれだー!
ツイッターやってるよー!

フォローはお気軽に♪
無言フォローも歓迎します(*^^*)
↓↓

最近投稿した記事はこれだー!
カテゴリー
メタ情報
プライバシーポリシー