自転車保険ってなあに?【基礎】

個人賠償責任補償に入っているかを調べる方法 クレジットカードについてる場合も!

万が一他人の方にケガをさせてしまったり、相手の持ち物を壊してしまった時に役に立つ補償を「賠償責任補償」といいますが、この補償はいろんな保険につけることができるそうです。

 

でも保険に付けたり共済についていたり、学校や会社の団体保険で加入してたりいろんな加入方法があって分かりにくいです・・・

 

今回は自分が賠償責任補償に入っているかを調べたい時、どのように調べればいいのかまとめてみました!

スポンサーリンク

保険に入っていないか確認する

もし自分が自転車保険(チャリンコの保険)に入っていた場合は、必ず「賠償責任補償」がついています。

 

どの保険会社にも共通することですが、賠償責任補償は自分自身が入っていなくても、家族が入っていればその家族も補償が受けられるそうなので、「家族が」自転車保険に入っていないかも確認しましょう!

 

 

優子ママ
家族全員補償が受けられるなんてすごいね♪

 

特約でついていないか確認する

賠償責任補償は自転車保険についているだけでなく、「特約」としていろんな保険につけることができるそうです。

 

つけられる保険は

 

  • 自動車保険(車の保険)
  • 火災保険
  • 傷害保険

 

などが一般的で、特約でついている場合は保険証券などに

 

  • 個人賠償責任補償特約
  • 家庭賠償責任補償特約
  • 日常生活賠償責任補償特約

などと書かれているそうです。

 

※保険会社によって特約名は異なるケースがあります。

 

もし証書に書いていなくても「実は保証されていた」ということもあるそうなので、不安なときは保険会社に連絡するのが確実ですね。

 

優子ママ
意外と知らないうちに特約がついているケースもあるみたいだよ♪

 

共済に入っていないか確認する

全労済やこくみん共済などの共済制度でも個人賠償責任補償がついている場合があります。

 

実際に調べてみると、たとえば全労災のこくみん共済の「傷害安心タイプ」や「シニア傷害安心タイプ」という商品に、第三者に対する損害賠償が最高1億円までついていました。

 

賠償責任補償は単独で入れるわけではなく、傷害補償等に特約としてセットでついていることが多いようです。

 

優子ママ
共済は保険料が安いので意外と家族が入っているかも♪
スポンサーリンク

クレジットカードについていないか確認する

賠償責任補償は「保険」につけるのではなく、なんとクレジットカードにもつけられるそうです!

 

加入できるのはカードを持っている会員本人に限定されることがほとんどですが、カードに付いている賠償責任補償も一人が入っていれば「家族全員」が対象となる補償のようです。

 

たとえば楽天カードには月220円で「個人賠償責任事故補償プラン」という補償が付けられて、対象者はカードを持っている本人と子供、家族となっていました。

 

月何百円かの保険料を払うだけで、最高1億円くらいまで補償してくれるものが多いようです。

 

クレジットカードの保険は盲点ですね。。

 

優子ママ
クレカは海外旅行の保険などもついていたりするので、意外と保険と関係が深いみたい♪

 

学校や会社主催の保険や共済に入っていないか確認する

最近では小中学校のPTAなどが行っている学生向けの賠償責任補償もあるそうです。

 

たとえば、埼玉県では自転車保険への加入が義務化となったことで、埼玉県PTA安全互助会というところが自転車保険を運営していました。

 

※参考:自転車賠償責任保険加入の手引き

 

埼玉県の自転車保険の保険料は団体割引がきいているおかげで、年間600円で最高1億円の補償があるそうです。

1ヶ月にするとたったの50円!めちゃくちゃやすいですね!!

 

もしかすると学校入学と同時に知らないうちに入っているかもしれないので、こちらも確認しておきたいです。

 

あと、勤務先によっては会社が団体保険に入っている場合もあるみたいなので、保険などを扱う部署に聞いてみるといいですね。

 

優子ママ
団体保険って保険料が安いのね♪(うらやましい・・・)

 

自転車についているTSマーク

TSマークというのは自転車の点検をしたときに自転車に貼ってもらえるシールのことです。

 

このマークは点検完了してますよ、という意味以外にも、「この自転車には保険がついています」という証にもなっているそうです。

 

ただ、TSマークの補償内容を調べてみると「死亡または1~7級の重度後遺障害を追わせてしまった場合」と、「入院日数が15日以上になった場合」のみ補償となっているので、かなり限定されていました。

 

保険や共済は相手の治療費や慰謝料、逸失利益(ケガをしていなければ得られた収入)なども補償されるようなので、TSマークの補償は少々心配ですね。。

 

保険や共済と違うところはもう一つ。

 

TSマークの保険は自転車自体についている保険だそうです。

TSマークのシールが貼ってある自転車に乗っている人なら、家族でも友人でも他人でも保証されるそうですよ!

 

優子ママ
TSマークのマークの補償って他人が乗ってても補償されるんだ~!

 

個人賠償責任補償に入っているかを簡単に調べる方法 まとめ

個人賠償責任補償って本当にいろんなところで入ることができるんですね!

 

自転車保険に入っていなくても、クレカを持っていたら入ってるかもしれないなんて・・・

ちょっと調べるのは面倒そうですが^^;

 

自腹で賠償するよりはいいですよね!ちゃんと調べよーっとw

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前  (必須)

メールアドレス (公開されません) (必須)

URL (空白でもOKです)

コメント

トラックバックURL: 
記事を書いている人

~ゆうこ~

実体は3歳児の保育園に通う息子がいる30代のママ。

チャリンコが好きすぎて通勤20kmの道のりを1000日以上走り続けました。

でも乗っているのはもっぱらママチャリ

マウンテンバイクは足が届きません。

1年中自転車にまたがりながら暮らすのが夢☆

↓調べたい文字を入力してね
よく読まれてる記事はこれだー!
ツイッターやってるよー!

フォローはお気軽に♪
無言フォローも歓迎します(*^^*)
↓↓

最近投稿した記事はこれだー!
カテゴリー
メタ情報
プライバシーポリシー