もし自転車事故を起こしたら?【加害者】

自転車で轢き逃げしてしまったら自転車保険は使える?罰則や刑罰は?

2018年9月に元モーニング娘。の吉澤ひとみが飲酒ひき逃げの自動車事故を起こしてしまい、すごいニュースになりましたよね(>_<)

 

これは自動車で自転車をはねてしまった事故ですが、もし自転車でひき逃げ事故を起こしてしまったらどうなるんだろう?と気になってしまいました。

 

自転車事故といえば自転車保険も最近はやってますが、ひき逃げでも自転車保険は使えるのか?もし自分や家族が加害者になってしまったらどんな罰則が待っているのかなどいろいろと調べてみました。

ゆうこ
自転車もクルマと同じ車両だよ。恐ろしい罰則が待ってるはず・・・
スポンサーリンク

自転車で轢き逃げしてしまったら自転車保険は使える?

自転車保険は相手への補償と自分がケガをしたときの2つの補償がついている保険なんですが、実はそれぞれ支払いができる場合とできない場合のルールがちがうんですって。

 

 

上の図でいうと、自転車保険は相手への補償の部分が赤い丸、自分の補償が青い丸です。

赤い丸の部分は専門用語で「個人賠償責任補償」青い丸の部分は「傷害補償」という位置づけになるそうです。

 

そこでまずは個人賠償責任補償がひき逃げで使えるのかどうか調べてみました。

個人賠償責任補償は自転車でひき逃げしちゃっても使える?

個人賠償責任補償では被害者を守るという意味合いから、ひき逃げ事故であっても保険が使えるそうです。

 

ひと安心!

 

逆に使えない場合は

  • 同居する家族にケガをさせた
  • わざと相手にケガをさせた
  • 地震や噴火、津波などによってケガをさせてしまった
  • 仕事中に他人に怪我をさせてしまった
  • 自動車でケガをさせてしまった

などが該当するそうです。

ちなみにちょっと意外だと思ったのが「同居の家族にケガをさせるのは保険金支払いができなくて、別居の家族にケガをさせてしまった場合は保険金支払いができるとのこと。

 

不思議ですが、別居の母を自転車でひき逃げしちゃって保険金請求したらちゃんと支払われるんですね…考えるのもおそろしいですが^^;

傷害補償は自転車でひき逃げしちゃっても使える?

次は相手じゃなくて自分に保険が使えるかですが、自分のケガはひき逃げのときには使えません!

 

他人に優しく自分に厳しくです。

 

自転車保険では「重大な過失」や「犯罪行為」による自分のケガは対象外と決まっています。

なので、保険ではなく自力で治す必要がありますね。

スポンサーリンク

自転車でひき逃げをした加害者が負う罰則や刑罰

ひき逃げをしても相手への補償は保険がおりますが、加害者には重い罰が待っています。

 

通常、交通事故の加害者が負わないといけない責任は3つあるそうで、

 

  • 1つめが「民事責任」・・・賠償金の支払い
  • 2つめが「刑事責任」・・・・罰金や懲役、禁錮刑など
  • 3つめが「行政責任」・・・免許の取り消しや停止など

 

こんなふうにわかれているそうです。

 

自転車については免許制度ではないので、3つ目の行政責任をのぞいた2つの責任に問われます。

1,民事責任

民事責任は基本的に、慰謝料などの「賠償金」を支払うことで責任を果たすことになります。

この賠償金が保険金でまかなうことができるというわけですね。

 

最近、自転車事故の賠償金額はかなり高くなっているようで、相手を死亡させてしまったり後遺障害を負わせてしまったときは数千万円~1億円近い賠償金が命じられることも少なくないみたいです。

しかも加害者が未成年でもこれくらい高額な賠償金が発生する事例が多いそうですから、ほんとおそろしいですね・・・(>_<)

 

自転車保険に入ってなかったと思うと…ゾッとします。

もし保険に入っていなかったら…

 

家や車などの持っている財産を手放したりしてでも、なんとかして払う必要が出てくるそうです。

備えってほんと大事ですね・・・

2,刑事責任

自転車のひき逃げによる刑事責任は

 

  • 道路交通法違反(第117条の5)・・・1年以下の懲役又は10万円以下の罰金
  • 重過失傷害罪・・・5年以下の懲役若しくは禁固又は100万円以下の罰金

 

となるそうです。

 

自転車も車と同じ「車両」の仲間なので、人にケガをさせてしまったときは道路交通法の「負傷者の救護義務」が科せられるんですって。

ひき逃げしたということはこの救護義務に違反下ということになりますので、それ相応の罰則があるというわけなんです。

 

自転車で轢き逃げしてしまったら自転車保険は使える?刑罰についてのまとめ

  • 相手への賠償に関しては自転車保険が使える
  • ただし、自分のケガは自転車保険では補償されない
  • ひき逃げの加害者が負う責任は「民事責任」と「刑事責任」
  • 罰則は1つめが道路交通法違反・・・1年以下の懲役又は10万円以下の罰金
  • 2つめが重過失傷害罪・・・5年以下の懲役若しくは禁固又は100万円以下の罰金

 

免許がなくてもカンタンに乗れる自転車ですが、万が一の場合には高額な賠償金と重~~い罰が待っていることがわかりました。

うちの子は今3歳なのでまだ自転車には乗れませんが、すぐ大きくなってあっという間に自転車に乗れる年齢になると思うので、今のうちに色々な自転車のルールを知っておかないとと思いました(>_<)

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前  (必須)

メールアドレス (公開されません) (必須)

URL (空白でもOKです)

コメント

トラックバックURL: 
記事を書いている人

~ゆうこ~

実体は3歳児の保育園に通う息子がいる30代のママ。

チャリンコが好きすぎて通勤20kmの道のりを1000日以上走り続けました。

でも乗っているのはもっぱらママチャリ

マウンテンバイクは足が届きません。

1年中自転車にまたがりながら暮らすのが夢☆

↓調べたい文字を入力してね
よく読まれてる記事はこれだー!
ツイッターやってるよー!

フォローはお気軽に♪
無言フォローも歓迎します(*^^*)
↓↓

最近投稿した記事はこれだー!
カテゴリー
メタ情報
プライバシーポリシー