もし自転車事故を起こしたら?【加害者】

自転車事故を起こした加害者が使える保険はたったの2つ!未加入の怖さを痛感しました…

前回自転車事故の被害者になった時に使える保険について調べてみましたが、今日は自分や家族が自転車事故の加害者になってしまった場合に使える保険を探してきました!

それが次の2つです。

  • 自転車保険
  • 個人賠償保険

加害者のための保険ってたったの2つしかないんですってー(@_@;)

2つめの個人賠償責任保険は自動車保険や火災保険に「特約」としてつけられたり、クレジットカード会社から案内される保険で入れたりと、入るチャンスは多い保険です。

(大体賃貸の火災保険だとついていることがほとんど。)

 

ただ加害者の場合は被害者よりも使える保険が少ないんです(>_<)

もし自分が何の保険にも入ってなかったらどうなるのか?事故後に保険に入ったら保険はつかえるのか、などについてもまとめています!

ゆうこ
加害者に世界は厳しいのね・・・
スポンサーリンク

自転車事故の加害者になってしまったときに使える保険2つ!

以下、加害者が使える保険の詳細についてまとめました!

自転車保険

自転車で事故を起こした加害者が使える代表的な保険が「自転車保険」ですよね。

自転車保険には自分のケガの保障と、他人にケガをさせてしまったときなどの賠償責任補償がついています。

加害者が使うのはこの賠償責任補償。

自転車保険についている賠償責任の保険金額は、だいたい1億円以上でついていることが多いのですが、その決まっている金額まではこの保険で故障を受けることができます。

賠償責任補償が使える人や事故の範囲

あと、この補償は保険に入っている人と「同居している人」や「別居で結婚していない子供」でも使えるのが大きな特徴。

保険の加入者と一緒に住んでいれば、自分が自転車保険に入ってなくても使えちゃうんです!

※ただし、賠償責任補償以外のものは使えません。

 

さらに日常生活で起きた賠償事故なら

  • 歩いている時に他人にぶつかってケガをさせてしまった
  • ゴルフをしていて他人にケガをさせてしまった
  • マンションに住んでいる人が水漏れを起こしてしまい階下の部屋が被害にあった
  • お店の高級品を割ってしまった

などのときにも使えるそうです!(自転車保険や特約でついてるやつも同じことがほとんど。)

 

ゆうこ
補償はすっごく幅広いんだって!

 

また、保険に入っていると保険会社から相手に交渉してくれるので、自分の手を煩わせなくてもいいのは大きなメリットです。

個人賠償責任保険

自転車保険に入っていない場合でも、個人賠償責任保険という名前で保険に入っている場合は、この保険で被害者への賠償金を払うことができます。

 

【関連記事】

この保険の補償内容や補償を受けられる人(被保険者)の範囲は自転車保険と全く同じ内容。

 

ただ自転車保険のものと違うのは個人賠償責任保険は「特約」として付けられるケースが多いこと。

特約というのはメインの保険に「おまけ」のようにつけられるオプション補償のことです。

 

例えば賠償責任補償特約は「自動車保険や火災保険、傷害保険」などにつけることができます。

補償内容は自転車保険のものと全く同じです。

 

ただ自転車保険などと違うのは、特約ということでおまけで付いているものなのでメインの自動車保険や火災保険を解約してしまうと、この補償もなくなってしまうこと。

知らないうちに保証がなくなっていたということもありそうなので、注意したいですね

個人賠償保険はクレジットカードから案内される保険にもつけられる場合があるので、調べておくと良さそう。

 

【関連記事】

スポンサーリンク

加害者が保険金請求する時の手続きの流れ

保険金請求ができそうな保険が見つかったら請求のための手続きをします。

加害者になった場合も基本的には保険会社が相手方との交渉をしてくれますが、加害者がやらなきゃいけないこともあるそうなので、いろいろと調べてまとめてみました。

 

【関連記事】

もし加害者が何も保険に入ってなかったら?

もし自転車保険や賠償責任保険に入っていない場合は、自腹で賠償金を払わないといけなくなります。

 

賠償金の中には相手の治療費だけではなく、

  • 通院のための交通費
  • 慰謝料
  • 休業損害
  • 逸失利益
  • 入院中の雑費
  • 入院中の看護費用
  • 壊れた自転車の修理代や買い替えの費用

などが必要になるのでかなり高額な金額が必要になる場合もあります。

 

いろいろ調べた中でビックリしたのが、むちうち程度の怪我でも総額で200万円以上の損害賠償が必要になったり、万が一相手に後遺障害が残ってしまった場合は一番軽い等級でも600万円ぐらいの損害賠償が必要になるということ。

万が一の保険に入ってなかったら自己破産してしまうかもしれないですね(>_<)

今から自転車保険や賠償責任保険に入れば補償される?

もしかしたら事故にあった後に、「今から保険に入れないかな?」と悩んでしまうかもですが、実は保険というのは入る前に起きた事故に関しては対象外となっているそうです。

ゆうこ
当たり前っちゃ当たり前だけど…希望が欲しかった(@_@;)

 

保険はあくまでも入った後に起きた事故に対して、賠償が必要になった時だけ使えるものなので、残念ながら使えるのは次回の事故ということになりますね。

 

ただ、もし今後賠償事故が起きないとも限らないので、一家で一つは入っておくのが安心だと思いました。

この保険は保険料が年間で2000円ぐらいでとても安いですし、一家でひとつ入っていれば同居の家族全員と別居の結婚経験のない子供が全員使えるようになっているのは頼もしいなと思います。

 

さいごに

なりたくない加害者。

でももしかしたら自分がならなくても家族がなってしまうかもしれないですね…

そんな時に備えられる自転車保険や個人賠償保険。

本当に必要だなーと思いました。

 

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前  (必須)

メールアドレス (公開されません) (必須)

URL (空白でもOKです)

コメント

トラックバックURL: 
記事を書いている人

~ゆうこ~

実体は3歳児の保育園に通う息子がいる30代のママ。

チャリンコが好きすぎて通勤20kmの道のりを1000日以上走り続けました。

でも乗っているのはもっぱらママチャリ

マウンテンバイクは足が届きません。

1年中自転車にまたがりながら暮らすのが夢☆

↓調べたい文字を入力してね
よく読まれてる記事はこれだー!
ツイッターやってるよー!

フォローはお気軽に♪
無言フォローも歓迎します(*^^*)
↓↓

最近投稿した記事はこれだー!
カテゴリー
メタ情報
プライバシーポリシー