もし自転車事故を起こしたら?【加害者】

自転車で停車中の車にぶつかったらどうすればいい?修理費はどのくらい?

自転車に乗っているとヒヤッとすることもありますが、停車中の車にぶつかってしまったという事故も多いみたいです。

 

いやー(>□<)!!

 

こんなとき、

優子ママ
自転車に乗っている側はどのように対応したらいいんだろう?

と気になったので、事故が起きた時の行動や、修理費はいくらくらいになるのか、保険で対処できるのかなど調べてみました。

スポンサーリンク

自転車で停車中の車にぶつかったらどうすればいい?

自分の不注意で事故を起こしてしまった場合、相手方に謝罪するのは大前提ですが、その場で「全額修理費を払います」などの約束は厳禁!!だそうです。

 

というのも、こういった支払いに関する話を「示談(じだん)」と言うそうですが、示談は口約束でも成立するので、本当は10万しか支払う必要がなかったものが20万も支払う羽目になった、ということもあるそうです。。

 

これはもったいない!

 

なので、事故を起こしてしまったときはまず丁重に相手にお詫びをし、支払いについては「保険に入っているかどうか確認し、追ってご連絡させていただきます」などとその場での名言は避けるのがベストだそうです。

 

ムダな支払いを避けるためにも気をつけたいですよね。。

 

保険に加入しているか確認しよう

次にやることは自分が保険に入っていないか確認することです。

 

すでに入っている保険に「個人賠償責任補償」という補償がついていると、追突してしまった車の修理費は保険金で支払うことができるそうですよ!

 

【関連記事】

 

自分が衝突してしまって全面的に悪いとはいえ、できれば全額を自腹で払うのは避けたいですよね・・・

個人賠償責任補償は家族全員が対象!

個人賠償責任補償は「家庭賠償責任補償」と呼ばれている保険会社もあるそうなんですが、この補償は一つ入っていると「家族全員」が保証される保険なんだそうです。

 

だから「家庭」という言葉が入っているんですね。

 

紛らわしいですが、「個人賠償」という名称でも「家族全員」が保証されていることに変わりは無いそうですよ。

 

保険に入っていたらあとは保険会社にお任せ。入っていなかった場合は?

無事に保険に入っていることが確認できたら、あとは保険会社の指示に従えば、保険金支払いまでのアドバイスをしてくれるそうです。

 

もし万が一保険に入ってなかった場合は自腹を切るしか無いので、相手方の車の修理代が判明したら連絡をもらうようにしましょう。

 

いくらになったか連絡が来るまでめちゃくちゃドキドキしますね・・・(>_<)

もし提示された料金に納得がいかないときは弁護士さんに相談して交渉することもできます。

最近は無料で弁護士さんに相談できるサイトも多いので、いろいろ探してみると良さそうですね。

車の修理代っていくらくらいかかる?

次に自動車の一般的な修理費も調べてみました!

 

高額な請求だったら・・・((((;゚Д゚)))ゾッとしますが…

 

キズの程度にもよると思いますが、インターネットで調べてみると、4箇所のキズの修理で56,000円との情報がありました。

 

相手側から連絡がきました。修理費は56000円でした。
ヘッドライトの傷を完全に直すと86000円以上になるそうです。
傷はボンネット、ヘッドライト、ヘンダー、バンパーが取れた(クリップが2、3個取れた)そうです…。

参考:教えてgoo

スポンサーリンク

ディーラーで修理する時の修理代の相場

ちなみに車の修理代の相場を調べてみると、ディーラーで直した場合は、1箇所10cm×10cmの傷で15,000~50,000円程度だそうです。

 

料金は車のどの部分にキズがついているのかにもよるみたいですが、車の全面にあるバンパーは2万円前後、ドアや車体のフレームは3万円前後、ボンネットは35,000円程度、天井は4万~5万くらいとのことでした。

 

10cm程度のキズでこのくらいなので、20cmくらいの大きな傷となると単純に2倍の修理費がかかってくると思われます。

 

あと、車の修理代はキズの深さ、車の塗装などによっても変わるそうです。

うちの主人が言ってたんですが、相手が外車だったりカラーが特別仕様だったりするとかなり高額になるとか・・・ポルシェとかの高級車には特に当たりたくないですね((((;゚Д゚)))

 

店舗系で修理を依頼する場合の相場

イエローハットやオートバックスなどの店舗系で修理を依頼した場合は、もう少し金額は安くあがるそうです。

 

参考までにイエローハットの場合、

 

バンパーのすりキズ 1ハンド(15cm×15cm以内) 18,900円(税込20,412円

ドア・フェンダーのすりキズ 1ハンド(15cm×15cm以内) 28,400円(税込30,672円

※参考:イエローハット クイック鈑金メニュー&料金表

 

と15cm四方で先程のディーラーの10cm四方の金額と同じくらいでした。

 

ただ、こういった事故の際は相手方が自動車保険に入っている場合も多く、その場合は保険会社の指定の修理工場に運ばれることがほとんどのようなので、正直見積もりが終わってみないと実際にいくら修理代がかかるのかはわからないそうです・・・

 

連絡が来るまで…やっぱりドキドキですね(>_<)

 

過失割合によって全額賠償しなてもいいケースがあります!

いろいろ調べていると車の修理代は全額弁償しなくてもいい場合があるそうです!!

 

「まじ!絶対自分で全額出さなきゃいけないと思ってた・・・(゚▽゚)♪」

 

というのも、自分が支払わないといけない賠償金額というのは「過失割合」で決まるので、その割合によっては全額負担しなくてもいいんですって!

 

過失割合というのはAとBがそれぞれ何割くらいずつ悪いのか?という指標のことで、過去の判例などから決まっているそうです。

過失割合の例

通常止まっている車に車が後ろから追突してしまったときは100:0の過失割合になるみたいなので、ぶつかった方の車が100%悪いとなります。

 

とすると、修理費は全額ぶつかったほうが負担しなければいけなくなります。

 

でも、止まっている車の方に過失が認められれば、ぶつかったほうが全額支払わなくてもいいんですって!

 

たとえば停車中の車が駐車違反をしていてその過失が認められた場合、通常100:0の過失割合が90:10になったり、80:20になったりするんだそうです。

 

こうなると修理代が10万円だった場合、100:0の場合は10万円全額弁償しなければいけませんが、

 

  • 90:10の場合は9万円
  • 80:20の場合は8万円

 

というように過失割合によって弁償しないといけない金額が変わるそうです!

【関連記事】

過失割合の決定は自分が保険に入っていたらその加入している保険会社が行いますが、保険に入っていない場合は自分で相手と交渉するか、弁護士さんを雇うしか無いそうです。

 

万が一のときに備えて、「個人賠償責任補償」は一家にひとつ、入っておきたいですよね(>_<)

 

自転車で停車中の車にぶつかったらどうすればいい?まとめ

停車中の車に一方的にぶつかってしまった場合はこちらが悪くなるケースがほとんどみたいです。

 

でも、保険に入っていれば、保険金で相手の修理代が支払える場合もあります!

 

しかも家族の誰かが「個人賠償責任補償」に入っていればいい、とのことなので、「自腹かぁ…」と諦めずに家族全員の入っている保険やクレジットカードの保険を確認してみるのが大事ですね。

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前  (必須)

メールアドレス (公開されません) (必須)

URL (空白でもOKです)

コメント

トラックバックURL: 
記事を書いている人

~ゆうこ~

実体は3歳児の保育園に通う息子がいる30代のママ。

チャリンコが好きすぎて通勤20kmの道のりを1000日以上走り続けました。

でも乗っているのはもっぱらママチャリ

マウンテンバイクは足が届きません。

1年中自転車にまたがりながら暮らすのが夢☆

↓調べたい文字を入力してね
よく読まれてる記事はこれだー!
ツイッターやってるよー!

フォローはお気軽に♪
無言フォローも歓迎します(*^^*)
↓↓

最近投稿した記事はこれだー!
カテゴリー
メタ情報
プライバシーポリシー