子供乗せ自転車のこと

子供乗せ電動自転車の事故が多い原因を考えてみた。消費者庁で調査が始まるよ!

最近子供乗せ用の電動自転車で事故が多いということで、事故件数や原因を調査しようという動きが出ているみたいです。

私も子供を乗せて電動自転車に乗っている当事者として、今日は私なりに事故が増えている理由を考えてみました。

思いついたのはこんな感じ。

  • アシスト力が強いので急にスピードが出る
  • 電動自転車が重いので倒れやすい
  • 子どもが暴れてバランスを崩しやすい
  • 危ない乗せ方をする
ゆうこ
結構ヒヤッとすること多いんです…
スポンサーリンク

幼児同乗用電動自転車の事故の原因を私なりに考えてみた

先日ヤフーニュースにこんなニュースが載っていました。

暮らしに関わる重大事故を調べる消費者庁の消費者安全調査委員会(消費者事故調)は26日、幼児が同乗した電動アシスト自転車の事故について調査を始めると発表した。原因や背景を調べ、再発防止策を示す。

同庁によると、同乗した自転車の事故でけがをした幼児は2007~17年に1万2820人おり、うち8人が死亡。今年7月にも横浜市で1歳児が亡くなる事故が起きた。この10年間に幼児2人を乗せた3人乗りが認められるようになり、電動アシスト可能な出力も引き上げられていることから、調査することにした。

※参考:子ども乗せ電動自転車の事故、原因調査へ 消費者事故調

たしかにねー

私も毎日送り迎えで電動自転車乗っていますが、急にギュン!と前に進んだり、重くてハンドル取られたりするので怖い思いをすることがあります・・・

電動自転車って便利なんですけどすっごく怖くなるときもあるんですよ。

横浜市の事故で抱っこひもで抱っこしていた子供が死んでしまった事故も衝撃的でした・・・

急にスピードが出る

事故が多い原因を考えてみたときに、真っ先に思いついたのがこれです。

電動自転車は「電動アシスト自転車」とよばれるだけあって、少ない力でもペダルがこげるようにアシスト機能がついてますよね。
このアシスト機能メッチャすごいんです。

実際に経験してたんですけど、私が前住んでた地域では急な坂が結構いろんなとこにあったんですね。

この急坂ってどれくらいかというと、高校生の男子が本気で立ちこぎしても登れないくらいの。
また、坂の下にいるだけで、覗こうとしなくても女子高生の下着が見えちゃいそうなくらいの急な坂です(おっさん発言ですが私は女ですw)。

私は普段運動とかしないので筋肉とかほぼないんですが、急坂を子供を自転車に乗せたまま登ろうとしたらかなり力を入れないと登りきれません。

でも、電動自転車ならこれができるんです。

アシスト力が強すぎる電動自転車

こんなに急な坂でも電動自転車なら12~13kgくらいの子供を乗せたまま自転車をこいで上まで上がりきることができます

これほんと便利でしたが、それだけアシスト力って強いってことですよね。

電動自転車は少しだけグッと力を入れてペダルを踏み込むと前にググン!!って進みます。
突然思いもしないスピードが出て、「今前にだれもいなくてよかった・・・」と思うこともしばしば。

電動自転車を買ったときも店員さんに「急にスピード出るからゆっくり漕ぎ出してね!」って念を押されました。
電動自転車はこのアシスト力のおかげで子どもを乗せていても楽々こげるから、ほんとに便利なんですが、こぎ始めは特に注意していないと危ないですよね。

電動自転車がとにかく重い

電動自転車は1台30kgくらいあります。
そしてうちの子は今3歳7ヶ月で体重14kg。

私は●●キロ・・・

総重量はものすごい重くなります。
なので、子供を乗せたまま歩いて自転車を押そうとするとすっごく大変ですし、方向転換するときにハンドルが持っていかれそうになります。

実際に何度もバランスをくずして倒れてしまったことがあります(;_;)

電動自転車で倒れた経験あり

雨が降ってつるつるしている地面のところとか、自転車に子供を乗せたあと駐輪場から出ようとしたら、自転車が隣のチャリンコに引っかかって転倒してしまいました。

子どもが乗っていたので、頭とか首とかぶつけてないかめちゃくちゃ心配になりました。

(大事にはならなかったけど…)

あと、子供が急に振り向いたときとかも怖いです。
うちの子は車が大好きなので、自転車に乗っている時に救急車とかが通ると「救急車だ!!!!」って急に振り向いたりするんです。
これだけで結構ハンドル取られるんですよねえ・・・
子供を自転車に乗せてるときは片時も気が抜けません。

子供が暴れる

うちは保育園まで徒歩25分位かかるので、保育園の送り迎えには電動自転車が必須です。

毎日すんなりチャリに乗ってくれれば良いんですが、良く「もっと遊ぶ~」「保育園行かない~」なんてぐずるときがあるんですよね。(頻繁に)
朝なんてただでさえ時間ないから、泣いている子供を無理やり自転車に乗せてしまうこともあります。
そうすると案の定「もっと遊びたかった~!!!」って泣きわめきます。
足をバタバタさせて暴れることだってあるし。

時間をかけて優しくなだめられれば良いんですが、朝は特に保育園に送り届けるまでのんびりしている時間は無い!
朝は戦場です。
帰りもこっちは早く帰って夕飯の準備したいのに子供がなかなか帰らなかったりすると、つい泣いているうちに自転車に乗せてしまうことも。
でもこうやって暴れる子供を無理矢理のせるって完全に事故の原因ですよねえ・・・反省です(;_;)

スポンサーリンク

危ない乗せ方をする親がいる

ここからは私が今までに目撃した「こわ~い」自転車たちのお話です。

ゆうこ
これじゃあ重大事故になってもおかしくないよね…

って思うものばっかりでした(>_<)

ヘルメットをつけずに乗車

これ、私なんですが過去に住んでいたところの保育園が自転車で2~3分のところだったので、つい子供にヘルメットをさせずに乗せてしまったことが何度もあります。

でもこれ法律違反なんですよね。
もし事故にでもあったらと思うと・・・多分子供の頭なんてちょっとした衝撃で割れちゃいますよね(T_T)
当時は知らなかったというのは言い訳…
これを知ってから今はもう子供のヘルメットは手放せません。
でもまだまだヘルメットをかぶせてない親も多いです。保育園にいっぱいいます。
つい近いとね、やっちゃいますけどね。
危ないよね・・・

抱っこひもで自転車に乗る

ごめんなさい、これも私です…

保育園が近いのもあって、しかもラクなのもあって、子供を抱っこひもで抱っこして自転車に乗ってしまったことが多々あります。

抱っこひもじゃなくておんぶなら良いみたいですが、おんぶって子供の顔が見えなくて怖いんですよね。

(抱っこも怖いわ!!!って怒られそうですが…)

それもあって抱っこ紐で抱っこしながら自転車に乗っちゃってました。

でもこれだとハンドルが持ちにくいし、子供が暴れた時にハンドルを離してしまう危険がありますよね。

幸い私は保育園の送り迎えにしかつかってなかったですが、何事も無くてほんとに良かったです…

(もうしません><)

シートベルトをしていない

先日コンビニの前に止まっていた幼児乗せ用の自転車があったんですが、後ろの席に5歳位の男の子が乗っていました。
その子はなんと夢の中。
男の子を乗せたまま親はコンビニに買い物に行っているようでした。
子供の上半身は結構ぐだ~~っとなってしまっていて、今にも落ちそう・・・
途中で身体が折れてるのが自分でも分かったのか、身体を自分で起こそうとするそぶりも。
よーく見てみるとその子、シートベルトしてないじゃないですか!!!!

後ろの席に子供を乗せたまま親がいないのも怖いし、さらにシートベルトしてないなんて。
ちょっとでもバランス崩れたら倒れちゃいますよね…
電動チャリ30kgくらいあるのに。
たしかに5歳位の子供が寝ちゃったら抱っこしてお店に連れていくのも大変だし、起こしてぐずられるのもイヤだからすっごく気持ちはわかるんですが(^^;)
とにかく下敷きにはならずに済んでよかったです。

後ろの席に立たせている

あと、先日驚愕した出来事がありました。
子供と道を歩いていたときなんですが、自転車の後ろの席に子供を立たせたまま自転車で走っている親子を見かけたんです!!
もう見るからに危ない!
しかもこの子、たぶん3~4歳位で小さいんですよ。
その頃の年令だとすぐバランスくずしたりしますよね。見てるだけで怖かったです…

ゆうこ
自転車だったのであっという間に過ぎ去っていきましたが…大丈夫だったのかな。。

さいごに

というわけでざっと考えただけでも電動自転車の自転車事故が多い理由が何となくワカッタ気がしました。

つい子供がいるとね、危なくてもやっちゃったりしますけどね…
今度消費者の調査委員会の結果が出たらニュースにまたなると思いますが、どういう結果になるんだろう。

コメントフォーム

名前  (必須)

メールアドレス (公開されません) (必須)

URL (空白でもOKです)

コメント

トラックバックURL: 
記事を書いている人

~ゆうこ~

実体は3歳児の保育園に通う息子がいる30代のママ。

チャリンコが好きすぎて通勤20kmの道のりを1000日以上走り続けました。

でも乗っているのはもっぱらママチャリ

マウンテンバイクは足が届きません。

1年中自転車にまたがりながら暮らすのが夢☆

↓調べたい文字を入力してね
よく読まれてる記事はこれだー!
ツイッターやってるよー!

フォローはお気軽に♪
無言フォローも歓迎します(*^^*)
↓↓

最近投稿した記事はこれだー!
カテゴリー
メタ情報
プライバシーポリシー